[えでぃっとはうすのときど記]

ディスク「復元」したときのAdobeのライセンス認証

 11月にMac miniを買い換えたことで、古いMac mini用に買った1TBのSSDが不要になったから、これをMacBook Proで使うことにした。500GBのSSDに交換して以来2年8か月余り、ディスクも手狭になっていたからちょうどよかった。

 換装作業は以前と同じ。タイムマシンからの「復元」には11時間ほどかかった。アドビのCCをはじめ主要なアプリケーションで大きな問題はなかったが、一つだけ、まだ使っているInDesign CS4のライセンス認証で問題が出た。覚えとして書き留めておこうと思う。

photo

 アラートのエラー番号「150:30」はライセンス認証がらみだという。アドビのサポートページにいろいろ解決策が書いてあったが、よーするに、古いディスク上のCS4でライセンス認証を継続したままディスク「復元」で丸ごと別のディスクに移したことで、ライセンス情報に矛盾が生じたらしい。

 で、それらを試そうとしたが、書いてあるフォルダ「FLEXnet Publisher」がなかったり、「ライセンス修復ツール」をダウンロードしてもすでに対応しないアプリケーションになっていたりで、ほとんど打つ手がない状態。たった一つ「Adobe PCD」フォルダのアクセス権の初期化ができたが、起動時に「この製品のライセンシングが動作していません」という日本語のアラートが出るようになったくらいだった。
 情報によれば、もう再インストールしかない模様だ。たぶん、前回は再インストールしたのだと思う。でも、すでにmacOS Sierraだし、ちゃんと入るかどうか不安。なんとかこのまま動かしたい…。

 あれこれ調べて、結局次の作業で再び起動するようになった。

1)古いディスクを外付けHDDケースに入れて起動し、そこからInDesign CS4のライセンス認証を解除した(ディスク換装前にやっておけばよかった)。

2)古いディスクに「FLEXnet Publisher」フォルダがあったので、それを新しいディスクの「ライブラリ/Prefernces」にコピーした。

 これで再起動したら、ちゃんとライセンス認証されたようだ。やれやれ…。

 ちなみに、macOS SierraでもInDesign CS4は使える。私のところでも問題なく動いている。こちらの情報が参考になる。

(記:2017/01/15)



][ときど記